1K、1R、1DK、1LDKの違いとは?

一人暮らしをするにはワンルームで十分と考えている人も多いでしょう。

 

物件情報を見るときに間取りは非常に大切ですね。
同じ一人暮らし向けワンルームでも色々な表記があります。

 

 

 

ワンルームといっても、1K・1R・1DK・1LDKという表記があります。その違いを説明しましょう。

 

物件情報を見て、実際に見てみたら想像していたのと違った…ということのないように把握しておきましょう。

 

 

 

●1Kタイプの部屋

1Kとは、部屋とキッチンがある間取りになります。
部屋とキッチンが分かれていることが多いですが、キッチンの広さは4.5畳以下の広さであることが多いです。

 

よくあるタイプは玄関から部屋に通じる通路にキッチンが配置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●1Rタイプの部屋

1Rとはワンルームの略になります。
1Kとの違いは、キッチンが部屋と一体化しているか分離しているかになります。

 

1Kタイプが部屋とキッチンが仕切られているのに対し、1Rタイプの部屋は一つのフロア内に部屋とキッチンがあり、間仕切りがありません。

 

学生や若い人の一人暮らしには十分で、1Rタイプの部屋を借りる人が多いです。

 

 

不動産屋によっては1Kと1Rの違いが曖昧なこともあるので、間取り図をよく見て確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

●1DKタイプの部屋

 

DKとはダイニングキッチンを指します。

キッチンと部屋が分離しており、なおかつキッチンのある部屋が4.5畳以上〜8畳ほどの広さがあります。

 

キッチンにダイニングセットなどを置いて食事をすることが可能なスペースがあるイメージですね。

 

ダイニングキッチンの広さの目安は不動産屋によってもまちまちです。

 

 

 

●1LDKタイプの部屋

LDKはリビングダイニングキッチンという意味になります。
その名の通り、リビング兼ダイニングキッチンが一部屋として存在し、それ以外にもう一部屋ある間取りになります。

 

広さで言えば最も広いタイプになりますね。
リビングの広さも不動産屋の表記によってまちまちですが、一般的には8畳以上の広さがある場合を指すことが多いです。

 

 

 

これらの表記はあくまで間取りの目安になるもので、正確な決まりがあるものではありません。

 

必ず見取り図を見て、平米数を確認しましょう。