東京でホストが一人暮らしをしようとしたら部屋を借りられるの?

ホストとして働いて、東京で一人暮らしをしたい場合にスムーズに賃貸契約できるのでしょうか。

 

ホストは水商売にあたる職業なので、一般的にはありのままの職業名を伝えると審査が通らないこともあります。

 

どうしても収入が不安定に見られたり、普通の人と生活の時間帯が異なるため、騒音などの事情から契約ができないことが多いです。

 

 

普通の不動産屋で契約する場合、サービス業として会社に在職証明をもらうことでホストと伝えずに契約することもできます。

 

自分的に収入が安定してきて毎月の家賃が収められる、保証人などが親や親族などしっかりした人を立てられるのであれば、ホストをしていてもまず問題なく部屋を借りることはできるでしょう。

 

そうした有利な条件がある場合は不動産屋にホストであることを伝えても契約できるケースもあります。

 

 

 

しかしホストとして働いていて、皆がそうした条件ではありませんね。

 

中にはお金を貯めるためにホストとして働くことになったため、入居の段階ではあまり貯金が無い人もいるでしょう。

 

また、両親ともあまり連絡を取っていないために保証人が立てられないという人もいるかもしれませんね。
そういう人が希望した物件に住みたい場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

 

 

東京には水商売や風俗店が多くあります。
そうしたお店で働いている人も多いため、水商売向けの不動産屋があります。

 

水商売専門の不動産屋は、多くの人が悩む敷金などの初期費用や保証人についての相談に乗ってくれます。

 

保証人が不要であったり、敷金や礼金が必要ない物件などを紹介してくれるので、自分の条件と合った物件を探すことができますね。

 

また、水商売の人が抱える問題として、夜中の生活音が挙げられます。

 

専門の不動産屋であれば、同じような職業の人が住む物件であったり、音が気にならない物件を探して配慮してくれることも嬉しいですね。

 

 

 

このように、ホストであっても一人暮らしで部屋を借りることは可能です。

 

しかし、スムーズに契約をするためにも最低限の貯金は必要ですね。
一般的に入居時に必要なお金は家賃の4倍ほどと言われています。

 

ある程度の軍資金を用意して上手に探せば、たとえ水商売であっても住みたい地域の物件を契約することができるでしょう。