東京でキャバが一人暮らしをするとき部屋を借りられるの?

キャバ嬢として働きながら、東京で一人暮らしをすることは可能でしょうか?
一般的に水商売で、女性の一人暮らしというのは賃貸契約をするに当たっての条件としては不利なものかもしれません。

 

いくら今の稼ぎが良かったとしても、すぐに辞めてしまうかもしれないし、安定して家賃を払うことが出来るか心配になる大家さんも多いのでしょう。

 

 

正直に職業を話して断られたという人も少なくはありません。

 

でも、キャバクラで働いていても一人暮らしは可能です。
簡単に一人暮らしができるコツは何でしょうか。

 

 

最も適した探しかたは、水商売専門の賃貸不動産屋へ相談することです。

 

東京には多くの繁華街があり、キャバクラなどで働いている女性も多くいます。
そうした職業の人向けの賃貸情報や物件の斡旋を行っている会社があります。

 

エリアは新宿や渋谷をはじめ、麻布や六本木などのいわゆる繁華街は網羅されています。

 

安心して賃貸物件を探したいのであれば、専門の業者からの情報を参考にすると良いですね。

 

 

こうした水商売や風俗業をしている人向けの不動産屋は、初期費用を安く抑えたい人のために敷金・礼金ゼロの物件を始め、保証人不要の物件など、色々なシチュエーションに対応してくれます。

 

 

キャバクラなどの水商売をしていると通常の人とは生活時間が異なるため、同じような仕事をしている人が多いマンションに住んだほうが騒音などを気にしないで済みますね。

 

そうした様々な相談に乗ってくれるのが水商売専門の不動産屋です。

 

 

ネットでもそうした賃貸情報を専門に扱っているサイトがあるので、物件を探している人は利用してみるといいですね。

 

 

ただ、水商売専門の不動産屋の物件は一般物件に比べるとやや家賃が高額設定という意見もあります。

 

色々なリスクを承諾した上での契約なので仕方ないのかも知れませんね。

 

 

専門の不動産屋を通すのではなく自分の住みたい町の不動産屋で探したいという人は、在職証明などをきちんとして、家主に不安を与えるような要素をなるべく省いて審査してもらいましょう。

 

保証人は友達などではなく、親や親族に頼むようにしましょう。
保証人がしっかりしている場合は、案外簡単に契約できる場合も多いです。