東京で水商売している人が一人暮らしをするとき、部屋は借りられるの?

水商売や風俗で働いている人は賃貸契約がしにくいのでしょうか?
一般的に受ける印象として水商売は収入が不確定だったり、すぐに辞めてしまう可能性などを見られて家賃の滞納をするのではないかと思われることがあると思います。

 

しかし、そうした先入観を与えずに契約できれば、水商売を本業にしていても一人暮らしの部屋を借りることは可能です。

 

 

 

まずは不動産屋に水商売であることをストレートに伝える必要はありません。

 

嘘を付くことは良くありませんが、サービス業として働いているということで、会社から給与証明などを出してもらえばOKです。

 

お店によっては裏会社といって、表向きの会社名で在職証明を出してくれるところもあります。

 

そうした場合はカードなども作りやすいのでいいですね。

 

会社名をきちんと証明できれば、サービス業ということで詳しく説明する必要はありません。

 

 

 

また、スムーズに賃貸契約をするには家賃の金額も重要です。

 

10万円を超える物件を一人暮らしで借りる場合、本当に毎月の家賃が払えるのか審査が厳しくなりますね。

 

水商売や風俗はお給料が一般の仕事より高額な場合が多いですが、水商売であることを伝えたくない場合、客観的に見て相応な家賃の物件を選ぶことが大切です。

 

 

お給料相応の物件で一人暮らしを望む場合、繁華街にある不動産屋であれば同じ職業の人への対応も慣れていますので、理想的な物件を紹介してもらえることもあるかもしれません。

 

 

 

水商売の仕事をしていると、一般の働いている人とは生活の時間帯が異なりますね。

 

夜中に帰宅してシャワーを浴びたり、階段の昇降音など、騒音の苦情が出る場合も考えなければいけません。

 

戸数の少ないアパートではそうした生活音が響くことが多く、水商売をしている生活サイクルですと契約することは難しいかもしれません。

 

できれば繁華街の中にあるマンションや、建物内が独身者や家族が混在していたりするなど、戸数が多くて騒音が気にならない物件を探すと良いでしょう。

 

 

 

住みたい地域にもよりますが、東京には水商売や風俗専門の賃貸情報サイトが多くあります。
都心の繁華街に近いほど情報量は多くなりますので、そうしたところから探してみるのも近道かもしれませんね。