小竹向原駅の周辺の住みやすさについて

小竹向原駅は東京メトロの有楽町線、副都心線と練馬へ出ることのできる西武有楽町線が乗り入れている駅です。

 

年間乗降人数は10万人を超える、非常に利用者の多い駅ですね。

 

 

 

3線が利用できることや、都心部の新宿や渋谷、銀座まで一本の路線で行くことができるため人気のある駅です。

 

都心部へ行くことの多い人には非常に便利な町ですね。

 

 

池袋からは有楽町線でわずか3駅で、徒歩でも30〜40分で行くことができます。

 

小竹向原駅の人気が急上昇したのは副都心線の開通が理由のひとつです。

 

池袋には急行で4分で、新宿3丁目には10分で行くことができます。渋谷でも15分で着きます。

 

 

 

住環境としても住み心地が良いと評判です。

 

駅を中心として住宅街が広がり、公園や緑の多い閑静な町並みとなっています。
学校も多いため、家族や子供連れもよく見かける地域ですね。
また、通りを入るとカフェや雑貨屋などオシャレなお店も多くあり、散策するにも楽しい町並みです。

 

若い人からファミリーまで住みやすい印象なのが、小竹向原駅周辺といえるでしょう。

 

 

 

駅は練馬区と板橋区をまたがる形で存在しており、広い要町通りの両側にあります。

 

駅を出てすぐの周辺はファミレスやスーパー、ドラッグストアがあります。
商店街などはないため、やや寂しい印象を受けるかもしれません。

 

しかし江古田駅が徒歩15分ほどの距離にあり、駅前の商店街は賑やかで、生活する上で利用度が高いのは江古田駅前になりますね。

 

 

また、この周辺は武蔵野音楽大学、日大藝術学部がある学生街でもあるため、賃貸物件はワンルームなどの一人暮らし用の物件が多い傾向があります。

 

小竹向原駅周辺は一戸建てが多い住環境ともいえるでしょう。

 

自分の生活スタイルや、家賃の予算を考えた上で気に入った物件を探すようにしましょう。

 

 

 

小竹向原駅周辺で物件を探すと、練馬区に居住するか板橋区にするかで悩む人もいるかもしれません。

 

それぞれの自治体の特徴や、施設やサービスを調べてから選択することも大切です。
自分にとってメリットのある区に住むのも、ひとつの選択肢ですね。

 

 

家賃の相場も1Kで5万円〜6万円台という比較的手頃な相場です。
一人暮らしで居住するには便も良く、問題のない居住環境といえるでしょう。

 

 

【ポイント】
立教大学の新入生で家賃を抑え目にしたいという方は、小竹向原周辺が良いと思います。
学生寮や学生向けマンションで借りるよりかは、一人暮らしで小竹向原から自転車で通うという形にした方が
通いやすいと思います。
小竹向原の家賃は1Rであれば5万円前後で敷金礼金なしというのも多いです。
初期費用も抑えられ、大家さまからは喜ばれると思います。
大家からすると、ほとんどの確率で4年間住んでもらえる大学生は良いお客さんなんです。
なので、すこしおまけしてでも入ってもらいたいというのが正直なところです。