フリーターお部屋探し

フリーターが東京で一人暮らしをすることは可能なのでしょうか。

 

引越し費用や新生活に必要な家具や家電など、一人暮らしを始めるには多くの費用がかかりますね。
その上、生活費や家賃を自分の働きで賄わなければいけません。

 

月々の生活費が安定していないフリーターだと、賃貸契約をする際に不利になると感じる人もいるでしょう。

 

 

結論から先に言えば、フリーターでも賃貸契約は可能です。

 

 

大家さんが賃貸契約をするにあたってまず心配するのは家賃の滞納ですね。
その点において相手を安心させられる状態であれば、フリーターであっても部屋を借りることはできます。

 

大切なのは、入居審査の段階で相手が安心するような答え方をすることがコツかもしれませんね。

 

 

 

アルバイトであっても雇用形態は様々ですね。
フルタイムで働いていて将来的に社員登用がある状態であるか、日雇いのような不安定な状態であるかで相手の心象もかなり変わります。

 

できれば安定した仕事内容と、将来への備えが感じられるような形であることが望ましいでしょう。

 

また、しっかりとした身元保証人が必要になります。
きちんと働いていたり持ち家のある親や親族に保証人になってもらうことも、部屋を借りる際には重要になります。

 

 

部屋を貸す側からすれば、毎月の家賃をきちんと支払えるかどうかが最重要なので、その点がクリアできれば問題ないでしょう。

 

 

フリーターであっても、きちんと働いていれば一人暮らしは可能です。

 

 

では、実際にどのくらい収入があれば可能なのでしょうか。

 

仕事にもよりますが、東京でのアルバイトの平均時給は900〜1200円ほどといわれています。

 

一日に8時間、20日間働いたとすると月の平均収入は15万〜20万程度になりますね。
このくらいの収入があれば、東京でアパートを借りて一人暮らしをすることは十分可能ですね。

 

 

 

引越しに伴う費用は意外にかかることが多いです。
節約するために敷金や礼金が必要ないところを選ぶのもよいでしょう。

 

それでも、引越し費用の倍以上は貯金がある状態で生活を始めると安心です。
最初のお給料が出るまでに1ヶ月かかりますからね。

 

 

できれば漠然と一人暮らしを始めるよりも、今はフリーターであっても将来の目標を持って生活をしていくほうが充実した毎日を送れるでしょう。

 

フリーターのお部屋探しの注意点

 

フリーターの方の場合かなりの確率で、保証会社可能になります。
これは、連帯保証人さんが要る場合に、審査によりけりですが、大体の不動産会社さんが保証会社を選択してきます。

 

大家も基本的に家賃を滞納しそうな人は正直すまない方が嬉しいと思っています。
なぜなら、一回入居されてしまうと、退去させるのにいろいろと大変だからです。
3か月滞納されるくらいなら、良い方が入るまで3か月待つ方が得策なのです。